pregnancy72

ストレス状態が長く続くと健康維持や妊活に必要なホルモンが足りなくなる


私たちの身体にはたくさんの防衛本能があります。そのひとつが。副腎というさまざまなホルモンの分泌を管理する器官。

生活のなかでストレスを感じると、副腎は 「副腎皮質ホルモン」を大量に分泌し、健康を守ろうと頑張ってくれます。

でも、この頑張り・状態が長く続くと、今度は副腎自体が疲れて機能が低下。ホルモンの分泌量が著しく減少してしまいます。

加えて、本来なら卵巣や精巣に行くはずだった女性&男性ホルモンの材料が、ストレス対策で大量に消費されてしまいホルモンバランスが崩壊、不妊につながる症状をはじめ、身体中のあらゆる不調が起きやすくなってしまうのです。

 「不妊治療をやめたら妊娠した」という人がいるのも、。妊活‘ストレスが身体にかけていた負担の大きさのあらわれと言えると思います。

ストレスが原因で起こる問題

・排卵障害や卵子の質の悪化
・セックスレスや無気力になりがち
・体外受精でも妊娠しにくい
・勃起せず性交できない、射精できない
・精子の質と量が不十分になりやすい


副腎の疲労具合をチェック

ひとつでも当てはまるものがある人は、副腎がお疲れ状態の可能性大。
休息をとってリフレッシュしたり、自分を責めていないかなどの心の持ち方を見直してみてください。

・なかなか寝つけない
・寝ている途中で目が覚める
・朝起きたときに疲労感がある
・以前楽しめたことが楽しいと思えない


ストレスを解消するには


・心のスイッチを上手に切り替える
・ヨガの呼吸で気分転換を図る
・アロマの香りで心を穏やかにする

まず大切なのぱ緊張どリラックスの切り替え。良くないのはストレスやネガティブな感情ではなく、心のバランスが一方に偏ることにあるのです。

仕事や生活のONとOFFのように、一定のリズムで心のスイッチを切り替える適応力を身につけましょう。また、ヨガの呼吸法やアロマの香りを使って心を落ち着かせてみましょう。