産婦人科医が書く妊娠しやすい体作り

東京の病院で産婦人科医をしているあらいきょうこと申します。不妊治療を受ける前に知っておきたい&改善しておきたい不妊の原因を解消法とともに紹介していきます。元気な赤ちゃんを授かる身体になるために、まずはあなた自身が元気で幸せになってください。

Tag:産婦人科医監修

relationship

ストレスが妊娠に与える影響が分かりはじめています。

ストレスを軽減することによって体外受精の成功率に2倍以上の差が生じた、という研究報告があります。

一方、不妊治療を受けている女性の60~70%はノイローゼに近い精神状態に追い込まれている、という研究報告もあります。

不妊症は、生活に悪影響を及ばす様々な感情(たとえば不安、怒り、抑うつ、自尊心の低下)をもたらします。

にもかかわらず、不妊に悩む多くの女性は医師の助けを求めていないという実態も報告されています。

大部分の女性は自然妊娠を望み、不妊治療を先延ばしにする傾向があります。

自然に妊娠できるかどうかを確かめるために、不妊治療を開始する前に平均2年待つ傾向にあると推定されていますが、この期間が女性の心配と後悔を増大させます。


の女性の約6割は長く待ちすぎたと感じているという報告もあります。

では、どうしたらいいのでしょう。

まずは、2年間も治療を先延ばしにしないことです。妊娠しにくくさせている何かがあるかどうかは、排卵のタイミングに合っていれば、3ヶ月程度でわかります。

そしてその何かは自分(女性)のせいと決めつけず、男女半々と考えて、パートナーと話し合うことです。

しかしパートナーが女性の思いをしっかりと受け止め、きちんと向き合ってくれるかどうかはわかりません。

妊娠を切望する気持ちや実感が、男性側に欠けているケースが多くみられます。そんな時は、同じ思いを抱えている人たちと繋がってみでもよいかもしれません。

自分について話すことが、食べ物やお金で感じるのと同じ「喜びの感覚」(ドーパミンの分泌)を脳のなかに呼び起こすことが明らかになっています。

個人的な会話であっても、フェイスブックやツイッターといったソーシャルメディアでの発信であっても、それは変わらないのだそうです。

特に自己開示、つまり自分が何を感じ、どう考えたかを他人に話すことによる満足度が高いようです。

次にグッスリ眠ること。睡眠中に分泌される成長ホルモンが心身の傷を癒してくれます。ですからそ
の分泌が最大化するよう心がけましょう。

寝入りばなに外からの刺激を受けると分泌が低下してしまうので、なるべく暗くて静かな環境で眠りにつくことが大切です。

テレビなどをつけっぱなしにしないでください。そして就寝の時間帯にも気をつけましょう。できれば日付が変わらないうちに、遅くても1時ごろまでには入眠したいものです。

3つめは、スキンシップの活用です。タッチングのヒーリング効果は私たちの想像以上です。

赤ちゃんの場合、どんなに栄養を与えて衛生面に気をつけてあげても、タッチングで愛情を示してあげないと死んでしまう、そんな恐ろしい実験結果があるほどです。

大人の場合も同じではないでしょうか。

パートナーとハグするなど、協力が得られればベストですが、無理強いは禁物です。

ハグ⇒SEX=子作り、といった短絡的な行動パターンしかイメージできない男性の場合、かえって二人の関係性を損ねる結果にもなりかねません。

マッサージし合うとか、じゃれ合うとか、性的なイメージの少ない方法ですら男性が身構えてしまうようであれば、専門家の助けが必要になるかもしれません。

SEXカウンセリングは日本では非常にマイナーですが、欧米ではアンチエイジングのひとつとしても注目され始めています。

そうは言っでも、なかなかハードルが高いのも事実でしょう。そんな場合は、まずVトレーニング(骨盤底筋を鍛える運動)から始めてみるのもよいでしょう。

結婚後30年を超えるカップルですら性生活が変わった、というケースがあるほどです。

元々狩人であった男性は、動くもの、変化するものに関心が向く特性を備えています。

ですから、まずは女性から先に変わってしまいましょう。もし仮に今は独り身であったとしても、今から始めておいて損はありません。

4番目は栄養素です。これなら自分ひとりでも実行できます。キーワードはセロトニン。自分はこれでいいんだと認めてあげる、自己肯定感を司る物質です。

pregnancy73

質の良い精子を求めるなら愛のあるセックスをするべき

妊活に一生懸命になるあまり、「子どもをつくる」ということの木質を見失ってしまう人に多いのが。

排卵日にだけセックスするというケース。

妊娠する確率自体は確かに高いですが、義務的に行うセックスと愛のあるセックスでは動物的なエネルギーの質が全く違ってきます。

そもそも子づくりとは、夫婦2人の生活の延長線上にあるもの。

2人の生活にエネルギーを向けられている人は妊活もうまくいきやすい。

逆に仕事やほかの物事ばかりを優先し、夫婦の時間やセックスをおざなりにするような生活だと、お互いの身体が子どもをつくるモードに入りにくくなってしまうのです。

男女ともに勢いを持ち、排卵日以外も積極的に臨んだほうが、ホルモンの力が増して妊娠率が高くなります。

最近、必要最小限しかセックスしていない……という方は、初心に戻ってセックスを楽しむことを考えてみてください。

セックスレスが原因で起こる問題


・セックスの義務化
・夫婦関係の冷え込み
・妊活がスムーズに進まない


セックスを充実させたほういい理由

流産のリスクが少なくなる
回数が多いほど妊娠率が高くなり、流産率が低くなるというデータが発表されています。「排卵日だけ!」と気負うストレスもなくなるので、夫婦関係も良好に。

精子の質や鮮度が良くなる

よく「排卵日に備えてセックスの回数を減らす」という話を聞きますが、マメにしたほうが精子の鮮度も質も良くなります。精子自体の数は減らないのでご安心を!

女性ホルモンが活性化してキレイになる
野性的な女性の魅力は外見に表れます。化粧ノリが良くなったり、バストとヒップが張ってウェストがくびれてきたら妊娠に関するホルモンカがアップしてきたサインと言えるでしょう。


セックスレスを解消するには

・夫婦関係を見直す
・セックスを楽しむ方法を見つける

よく「結婚しても男と女でいよう」という夫婦がいますが、本来ならばそれが当たり前です。

子どもをつくることとは関係なしに、たくさんセックスしたいと思い合えるような関係を構築することが大切なんです。

それでもどうしてもセックスが苦手という人は、お互いが心地良くなるための方法を2人で探し出してみましょう。

pregnancy72

ストレス状態が長く続くと健康維持や妊活に必要なホルモンが足りなくなる


私たちの身体にはたくさんの防衛本能があります。そのひとつが。副腎というさまざまなホルモンの分泌を管理する器官。

生活のなかでストレスを感じると、副腎は 「副腎皮質ホルモン」を大量に分泌し、健康を守ろうと頑張ってくれます。

でも、この頑張り・状態が長く続くと、今度は副腎自体が疲れて機能が低下。ホルモンの分泌量が著しく減少してしまいます。

加えて、本来なら卵巣や精巣に行くはずだった女性&男性ホルモンの材料が、ストレス対策で大量に消費されてしまいホルモンバランスが崩壊、不妊につながる症状をはじめ、身体中のあらゆる不調が起きやすくなってしまうのです。

 「不妊治療をやめたら妊娠した」という人がいるのも、。妊活‘ストレスが身体にかけていた負担の大きさのあらわれと言えると思います。

ストレスが原因で起こる問題

・排卵障害や卵子の質の悪化
・セックスレスや無気力になりがち
・体外受精でも妊娠しにくい
・勃起せず性交できない、射精できない
・精子の質と量が不十分になりやすい


副腎の疲労具合をチェック

ひとつでも当てはまるものがある人は、副腎がお疲れ状態の可能性大。
休息をとってリフレッシュしたり、自分を責めていないかなどの心の持ち方を見直してみてください。

・なかなか寝つけない
・寝ている途中で目が覚める
・朝起きたときに疲労感がある
・以前楽しめたことが楽しいと思えない


ストレスを解消するには


・心のスイッチを上手に切り替える
・ヨガの呼吸で気分転換を図る
・アロマの香りで心を穏やかにする

まず大切なのぱ緊張どリラックスの切り替え。良くないのはストレスやネガティブな感情ではなく、心のバランスが一方に偏ることにあるのです。

仕事や生活のONとOFFのように、一定のリズムで心のスイッチを切り替える適応力を身につけましょう。また、ヨガの呼吸法やアロマの香りを使って心を落ち着かせてみましょう。

pregnancy71

「妊娠適齢期」がある理由のひとつ卵子の老化と数の減少

「35歳までが妊娠適齢期」と言われる理由のひとつが卵子の数の減少です。30代後半を過ぎると卵子の残存数はぐっと少なくなり、卵巣の機能も徐々に低下していきます。

そこに追い打ちをかけるのが、36歳以降からはじまると言われている。卵子の老化。

卵子自体の質が劣化すると、まず妊娠に到達するまでのエネルギーが不足しがちになります。

細胞内にある核の慯が増えることで遺伝子情報が変異しやすくなるため、流産や障がいを持つ子どもが生まれるリスクも高くなってしまいます。

卵子の老化の予兆は子宮や生理の状態以外に、体調にも現れます。「徹夜できない」 「身休に無理か効かなくなった≒お酒が弱くなった」「肌の調子が悪くなった」など、35歳以上でこれらの自覚症状に当てはまる人は注意してください。

卵子の老化や減少で起こる問題

・排卵される卵子の数が減る
・排卵、受精、着床が困難
・卵胞が育ちにくい
・空胞卵や変性卵になりやすい
・流産や障害のリスクが高まる
など

pregnancy70

女性側の不妊の原因で多いのが卵巣・卵管・子宮のトラブル


検診などでは見つからないので要注意。同時に気をつけたいのが卵管の問題。卵子や精子の通り道である卵管が詰まったり狭まったりしても、受精や排卵がしにくくなります。

左右2本の管のうち片方が通っていれば妊娠は可能ですが、治療で解消できる場合もあるので様子を知っておいたほうが良いと思います。

そして子宮の問題。着床の邪魔になる子宮筋腫などの病気のほか、見過ごせないのは子宮内膜の状態。この厚みが足りないと着床はもちろん、受精卵の成長もうまくいきにくくなります。

ここで目安にしたいのが毎月の生理。子宮の不調は経血に現れることが多いので、異変を感じたら早めに婦人科を受診しましょう。

病気の影響で起こる問題

・うまく排卵できない

・卵子が十分に育だない

・精子が卵子に届きにくい

・受精卵が着床しにくい

など


注意したい生理の症状

・経血の量が多い
→子宮筋腫、もしくは内膜症の疑い

・月経痛、排卵痛、性交痛、排便痛がある
→子宮内膜症、もしくは骨盤内感染症の疑い

・生理の周期が不安定、不正出血がある
 →卵巣ホルモンが乱れている可能性あり

そのほか、重度の生理痛や吐き気や嘔吐、下痢が伴う場合も子宮内膜症の疑いがあります。

生理の時期に関係なく、腹痛や腰痛が激しい場合も何らかの不調のあらわれなのでご注意を。


女性側に起こりうる不妊のトラブル

子宮内膜症
子宮の内側にできるはずの子宮内膜が、子宮以外の場所にできてしまう病気。卵管や卵巣の近くにできると、正常に排卵ができなくなり妊娠が困難になることも。

激しい生理痛も症状のひとつなので、思い当たる人は注意が必要。

子宮筋腫
子宮にできる良性腫瘍。主な症状は生理時の出血の増加、下腹部や腰の痛み、ひん尿、便秘など。大きなコプができていたり筋腫の数が多いと、受精卵の着床が困難になることも。

卵巣のう腫
卵巣の内部に分泌液や粘液、脂肪などがたまってできる良性腫瘍。子宮内膜症が原因でできることも。初期の自覚症状はありませんが、次第に痛みを感じるようになります。

子宮頸がん
子宮の入り口である子宮頚部にできるがんのこと。原因のひとつ「ヒトパピローマウイルス」はセックスで移るのでセックス経験のある女性なら誰でもかかる可能性があります。

排卵障害
卵胞が十分に育だなかったり、卵子が排出できない状態のこと。年齢的な要因やストレス、過度のダイエット、性感染症、子宮内膜症なども一因と言われています。


↑このページのトップヘ