male-infertility

不妊の原因の半分は男性側のトラブル

「子どもができないのは私のせい……」と思い込んでしまう女性が見落としがちなのが、男性側に原因があるという可能性です。

すなわち「男性不妊」の問題です。男性不妊の割合は約半分。女性の身体に問題がなくても、精子の状態が良くなければ妊娠は難しくなります。

女性側と同様、男性の不妊因子も適正な治療を受ければ妊娠は不可能ではありません。

方法次第では精子の量を4~5倍に増やすこともでき男性不妊は改善されるし、無精子症と診断された場合でも不妊治療などで妊娠に至ったケースは数多く存在します。

デリケートな問題だから相手に切り出しにくい……という大もいると思いますが、子どもをつくることは夫婦2人の共同作業。

相手の理解と協力なくしては成功率も下がってしまいますし、あまりにも時問をかけすぎると年齢的なはードルで子どもが産みにくい身体になってしまいます。

とはいえ、焦りは禁物です。過度のプレッシャーやストレスは、男性不妊の原因でもあるのです。不規則な生活習慣も不妊につながるので、気をつけてあげるようにしましょう。


男性不妊の症状


・セックスができない

・受精できない

・妊娠に必要な精子を取り出せない

など


男性不妊の特徴は

・太っている
→精子が少なかったり無精子症のリスクが高い

・喫煙者である
→精子数や精子の動きの低下を招きやすい

・揚げ物やファーストフードが好き
→トランス脂肪酸の影響で精子が弱りやすい

・熱めのお風呂やサウナが好き

→股間を温めることで精巣や精子の機能が低下

予防のために気をつけたいのが温度。精巣や精子は熱に弱く、体温と同じ37°C前後だと機能が半減すると言われています。適温は32~34°Cなので温めすぎないようにしましょう。


男性不妊の原因は

ED(勃起障害)

挿入できるほど勃起しない障害のこと。若い人の場合の多くはストレスや緊張などが原因ですが、年配の人は加齢や糖尿病などの疾患が元で起こることも。

精子の数が少ない(乏精子症)

自然妊娠に必要な精子の濃度は1㈲あたり4000万個。これに対して濃度が1500万個に満たない状態。運動し
ている精子が40%以下になる精子無力症を併発することもあります。

射精できない(射精障害)

勃起はするものの、正常な射精が行えない。女性の膣内で射精できない「膣内射精障害」や。精液が膀胱に逆流してしまう「逆行性射精障害」の場合も。早漏や遅漏もこれに含まれます。

精液中に精子がいない(無精子症)

100人に1人程度の割合で見られる、精液中に精子が全く存在しない症状のこと。
精管や精巣上体の詰まりが原因の閉塞性無精子症と、精巣自体に問題がある非閉塞性無精子症」にわけられています。